スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンカーン産駒について考察

 ダービーも終わり例年より少し早目に函館競馬が始まった先週ですが、函館芝がなかなかバイアス効いてて予想が楽しく気が付けば夢中になってしまっていました。そんな中で1頭気になる種牡馬がいたのですが、それがリンカーンという種牡馬です。

 つらつら書いてもあれですのでまず産駒の成績を並べておきます。もう見て頂ければ一目瞭然なので。

新潟内回り
5-3-4-47
新潟外回り
2-1-2-42

京都内回り
3-2-2-58
京都外回り
0-2-4-50

阪神内回り
2-3-4-41
阪神外回り
2-3-2-54

 そうなのです小回りへの適性が高いのです。そして函館の予想中に気になっただけあって函館での数字を見てみると、

函館芝
6-3-5-40

と好成績です。平均人気は7.2人気ですが、複勝率は25.9%もあるのですから馬券的には狙わない手はないですね。
 他にも小回りの競馬場の成績を上げると、

福島
6-6-2-58
中山
8-8-8-95

 と好相性なのですが大箱の中京では

中京
1-1-1-37

と酷い成績でした。


 代表産駒を見てみると別名コマワリサンの異名を持つオマワリサンが阪神2000、新潟2200、福島1800と小回りと小回りで3勝。
 アドマイヤネアルコが小倉2600で2勝、小倉2000で1勝とこれも小回りで3勝。
 OP競走での活躍となるとデルマドゥルガーでこちらが中山1600のジュニアカップ勝利、中山1800の紫苑Sで2着、京都2000の秋華賞で6着とやはり小回りで能力を発揮しています。


 ではこの小回りへの適性はどこから来ているのか、となるとやはりボトムラインにあるグレースアドマイヤ→バレークイーンの血でしょう。バレークイーンといえば中山2000の皐月賞勝ち馬のアンライバルドの母であります。グレースアドマイヤはリンカーンの他これまた皐月賞を制したヴィクトリーの母でもあります。
 このリンカーン自身もG1勝ち鞍は無い物の、有馬記念で2着、3着が1回、宝塚記念で3着、4着と小回りへの高い適性を見せています。


 このバレークイーンの血の小回り適性は確かで、土曜日のメインレースHTB杯で母母バレークイーンのアンレールから的中させたのはそこからであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

oeiblood

Author:oeiblood
 血統を主軸にした予想法を考案していく中、エルコンドルパサーの配合に魅せられ、馬券とは別に純粋に「サラブレッドの血統」に魅力を感じ始めました。
 高卒で競馬新聞社に勤めたいと志したものの、1社に断られ断念。血統予想家、または自らが考えた配合馬の出走を夢見て勉強に励んでいます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
Twitter-言伝呟吐-

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    カテゴリ
    ブログの説明
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。