スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け続けても

馬券で大切なのは結局のところ回収率で、勝つことが出来ればより楽しめるので競馬としてもプラスになります。

例えば1着流しと2着流しの相手6頭で3連単を買う私の基本スタイルの場合、1レースで6000円の資金が必要な訳ですが、ガチガチのレースは買わないので当たればだいたい30000円のバックは見込めます。

という事は5回に1回当たれば勝てる訳で、個人的にも、5回に1回は来そう、と思えたところで勝負をしております。

今週はコディーノ、サンバジーリオ、ブライトボーイ、レッドグルッグ、ローザズカレッジ、コルサーレを勝負馬券の軸にした訳ですが、内3頭は2着までにしてるので2回に1回は当たっています。
ヒモのチョイスが悪くて的中0の週末となりましたが、予想自体はそんなに悪くは無かったと自分では思っています。

ただ一番の勝負レースと決めた大阪杯で大きく勝負して負けた点は痛く、精神的にも金額的にも笑えない週末となったのは確かです。

一回当たれば返ってくる馬券、を買い続ける事で精神面の安定を狙っていますが、負けが続けば資金的に焦りが出てしまいます。

けど、2回に1回当たる予想、なんて私には出来ないのでこういう予想をせざるを得ないのです。

目先の的中にこだわらず、当たれば返ってくる予想、にこだわって来週、再来週とこれからも続く競馬を楽しみたいと思います。

大阪杯予想

 エピアネイア、キズナ、メイショウマンボと次世代エースを担う馬がそろい注目を集めているレース。この1戦だけでなく後に続くG1での楽しみにも直結する大事なレースであります。

 まずこのレースの予想には相当な自信をもっています。

 エピファネイアとキズナが人気をしていますが、内回り2000Mの舞台では2度共に走っているのですが、ラジオNIKKEI杯、弥生賞とどちらもエピファネイアが先着しているという事を忘れてはなりません。
 またこの2頭で決まった日本ダービーにしても道中かかりながら、前の馬に接触する不利がありながら僅差の2着だったエピファネイアの方が器では上じゃないかな、と思わせます。
 2頭の血統を並べてみてもその着差が逆転するような成長力の差は感じませんので、まずエピファネイア>キズナと私の中では自信を持って順位付けをしております。

 そしてもう1点大きな自信を持っている予想でメイショウマンボが阪神2000Mで素晴らしいパフォーマンスを発揮すると思っています。
 桜花賞、ローズSと結果を出せなかった阪神ですが、フィリーズレビューでは豪快に差し切った舞台でもあります。フィリーズレビューと桜花賞、ローズステークスを比較した際に見えてくるのは回りの違いです。阪神内回りには適性があると思う訳です。
 坂の有無はありますが、京都2000Mの秋華賞の走りはとても強いものでした。同期のデニムアンドルビーがジャパンカップで2着していますし、世代のレベルが低いとも言えません。

 エピファネイアとメイショウマンボを比較して器でも明らかに前者が上です。しかし、この阪神2000Mの舞台なら逆転の可能性は十分にあると思います。

 エピファネイアがキズナに先着していて、メイショウマンボとエピファネイアの順位付けに悩む。

 この結論だけなら4点に絞れるレースなんですがね…。トウカイパラダイスとカレンミロティックも少し気になるんですよね…。

人気馬を切る勇気

小倉記念、朝日杯CCを連勝して天皇賞秋に挑んだドリームジャーニーや、5戦5勝から天皇賞秋でも見せ場を作りながらも新味を求めフェブラリーSに挑んだカレンブラックヒルやなど、適正外にで走ればいくら能力が高くとも着外に沈む事があってもなんら不思議ではありません。そういう馬を自信を持って馬券の軸から外す事が勝つためには求められるスキルです。

未勝利戦や特別戦でもよく見られる光景で、例えば一番分かりやすいのは内回り向きの馬が外回りで走り人気を裏切るパターンやその逆。または芝馬がダート代わりで変わると思われるもダートが合わず惨敗。瞬発力が武器の馬がハイペースのレースになり終いの脚を使えずに伸びあぐねるなど。
案外どんなレースにも転がっているので面倒臭い作業ではあるが過去走の結果をしっかりと正しく捉えて買いか消しかの判断をする必要がある。

また人気馬を切るというスタイルは穴馬を見つけるのと同じぐらい大切なスキルなのですが、穴馬を見つける作業よりは明らかに簡単な事に思えます。

外回りや内回り。軽い馬場や重い馬場。芝やダート。それがどういうものなのか今一度しっかりと定義付けする作業は大きな意味があると思います。

今週のレースでいえば、大阪杯のエピファネイアとキズナは明らかなストレッチランナーでエピファネイアのベストパフォーマンスはダービーか神戸新聞杯で大箱。同じくキズナもダービーで大箱。この二頭が阪神2000の内回りでどんなレースを見せるかは楽しみである。
2歳時にラジオNIKKEI杯で経験している舞台だが、その時にキズナはバッドボーイに先着されてるのを忘れてはならない。同じ様な理由でダービー卿CTのマウントシャスタも軽視出来るだろう。

注目馬をストックするのは大事

 例えば先週日曜日の阪神芝は明らかに外を回す差し馬に有利な馬場だった。
9レースの四国新聞杯は道中後方から2番手の馬が勝ち、最後方の馬が2着。着の馬は4コーナーでは到底届かない様な位置から伸びてきているところを見ると相当、外差しの馬にとって有利な馬場だったのは明らか。10レースも3、4着に届かない様な位置から追い込んだ馬がいる。メインレースにいたっては外差しの3頭で決まっている。

 こういうはっきりとしたバイアスの利いた馬場でのレースの結果を見た時にどう考えるかが大切で、当たり前な様だがバイアスが有利に働いた上位馬は次回見直しが必要で、またバイアスが不利に働き惨敗した馬も見直しで、こちらも言うまでもないが不利を受けながら上位に来た馬は着順以上に評価をしなければならない。

 例えば9レースのイリュミナンスは現級で力が抜けていると改めて考えさせられたし、10レースのニシノビークイック、ダローネガ、また11レースの上位馬フィエロ、ラトルスネーク、サトノギャラントを過大評価してはいけない。

 この日は中京でも同じようなバイアスが利いていたので、高松宮記念の結果をしっかりと見れば、次回人気になりそうなあの馬の評価や、次回人気を落としそうなあの馬の評価も疑ってかかる必要があるでしょう。

 人気は人気と割り切って自分の評価を第一に考える事が馬券にとっては大切なのでしょうね。

穴馬の拾い方

 馬キャラを見極めれば穴馬券は案外簡単にとれると思う。東京巧者のウオッカが日本ダービーでは単勝10倍が近い3番人気だった様に、しかもそのウオッカを中山得意のヴィクトリーが人気で上回るのだから面白い。

 例えば瞬発力に優れた人気馬が2頭いるレースがあるとする。しかしレースが終わってみればその2頭は着外に沈み逆にスタミナに富む2頭が上位を占めたとする。
 こう見ればそのレースは瞬発力を武器とする軽いタイプには向かなかっただけ、と分かるのだが案外ファンは「なんでだよ、調子でも悪かったのか」「何が悪かったのか」となってしまいがちだ。
 逆にそのレースで負けた瞬発力タイプの馬が次走どういったレースで走るのかまで追いかけなければ意味が無い。次走、次こそ瞬発力が生きそうだ、と思えたなら前走の負けなんて無視して買えば良いだけ。

 結局競馬に大切なのは適性で、同じクラスの馬同士で走る今の体制の中では、その適性が着順に如実に表現されるのは分かりやすい事だ。

 その馬の適性、そのレースで求められる適性、あのレースで求められた適性。この3つを的確に判断する事が的中への近道なのでしょう。

 例えば、先日の高松宮記念。私の本命は8番人気のスノードラゴンでした。なぜこの馬を軸に馬券を組み立てられたのかは簡単で、前走と同じような適性が求められるレース、と考えたからです。
 前走のオーシャンSはスピードだけなら日本1のハクサンムーンがあっさりと敗れてしまったレースで、スプリンターといえどもスピードが求められなかったレースだった訳です。今回も朝から降り続けた雨の影響で、時計は1分10秒台濃厚。外差しが決まる馬場なら尚狙い目。
 穴人気していましたが、結果2着なのですから、人気を6つも上回る走りなら過剰人気とはいえません。

 この繰り返しで的中を積み重ねていければいいですよね。
プロフィール

oeiblood

Author:oeiblood
 血統を主軸にした予想法を考案していく中、エルコンドルパサーの配合に魅せられ、馬券とは別に純粋に「サラブレッドの血統」に魅力を感じ始めました。
 高卒で競馬新聞社に勤めたいと志したものの、1社に断られ断念。血統予想家、または自らが考えた配合馬の出走を夢見て勉強に励んでいます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
Twitter-言伝呟吐-

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    カテゴリ
    ブログの説明
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。